冨春軒新春の会

  • 2017.01.13 Friday
  • 23:20

JUGEMテーマ:季節の旬なもの

 

成29年1月13日

今日から冨春軒お家元宅で新春の会が始まります

本部から3名の役員が訪問いたしました

 

    正面の迎え花

 

 

       

 

 

    脇床の立華

 

 

      

 

 

 

   脇床の立華

 

 

       

 

 

    さて

    楽しみなものは京料理“はり清”の懐石です

 

 

       

 

 

     おっと!

     懐石の前に

     お家元の花手前がありました

 

      

 

    とても厳粛なお正月気分を味わいました

 

   今年の目標は、

 

      「花あるからこその心」

 

        他者に心を配り、自己を磨き、健やかな心を育む仕事をしましょう!!

 

   ★今日の山陽新聞の記事の中に

    第75回山陽新聞賞・奨励賞を受賞された書家 高木聖雨先生の文化功労章

    受賞の感想の中にも、こんな言葉がありました

     「不足不足と思って努力し続け、死を迎えた後に成就したかを世間は評価してくれる」

      という意味の一説が「葉隠」(武士の心得を説いた書物)の中にあります

      この言葉をモットーに一層努力します

    とありました

 

   どちらの言葉も大きいですが、心の隅に置いてこの一年暮らしたいものです

 

 

 

    

 

 

        

 

       

 

 

         

 

 

岡山後楽園  冬のおもてなし 和の伝統教室  12月25日

  • 2016.12.27 Tuesday
  • 20:29

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

 

 12月25日(日)

 後楽園の竹を使ってお正月のお花を体験

 

 講座が始まる前日に寒い後楽園で太い竹と細い竹を切り

 お正月花に似合うように製作いたしました。

 さて

 2日目の作品のできるまでをお楽しみください。

 

   3本組み合わせて門松もどきになった細い竹は

   いかがでしょうか?

   花器にさしにくいので

   男子の先生がお手伝いしました   

 

    

 

       霧吹き・水切りボール準備はできました

  

       お手本いけを見ただけでこんなに早く出来上がりました

 

     

 

 

     

 

 

    

 

          なかなかの出来じゃ!!  と

            とても嬉しそうです

 

    

 

         一緒にいけたお仲間の作品もみましょうね

 

        

 

           できた!!

 

        

 

        

           年末のお忙しい中を2日間で60名

           日本文化を楽しんでいただきありがとうございました

 

        お手本の作品です

 

               

 

        

 

               山陽新聞26日に掲載されました

 

 

            なんだかみんな嬉しそうです

 

        

 

                

 

 

    

 

 

   

後楽園冬のおもてなし 和の伝統教室  12月23日

  • 2016.12.26 Monday
  • 20:31

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

平成28年12月23日(金 祝)

  10:30〜11:30   15名

◆ 13:30〜14:30   15名

 

会場 岡山後楽園 鶴鳴館

 

後楽園の井田の藁を使ってのワークショップ

 

は、

このようなお正月の花に完成します!!

 

 

     

 

         10:30  受付を済ませた方たちはこの藁でどんなお花になるのかと・・・・

 

 

     

 

           お手本を見ながら、藁が気になります

 

 

      

 

          針金でくくるのもむつかしいね

 

 

      

 

 

           押切で切ると見事な〆の子もどきが出来上がります

 

           さて、これから・・・

 

           後楽園の竹で作りました器に入れますよ

 

    

 

       

 

          スタッフの師範の先生も大活躍です

 

       

 

           OHKイブニングニュースの取材がありました

 

 

        

 

 

            みんなの顔に笑顔が・・・

 

 

        

 

 

 

         このような作品に出来上がりました      

 

                      

 

         

                            

 

 

    読売新聞の記事をご紹介します

 

http://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/news/20161223-OYTNT50132.html 

 

  

2016年12月24日

 ◇後楽園「冬の和のおもてなし」

 正月用の稲飾り作りや庭を眺めながらお茶を楽しむイベント「岡山後楽園 冬の和のおもてなし」が

23日、岡山市北区の同園で始まった。門松作り体験など様々な催しが27日まで行われる。

 鶴鳴館で行われた稲飾り作り体験には計30人が参加。参加者は講師を務めた桑原専慶流の宮本京子

さんの解説を聞きながら、同園の井田( せいでん ) で収穫された稲わらなどを中心に、カーネーションや

松などを組み合わせて思い思いの作品に仕上げていた。

 同区吉備津、無職三宅洋子さんは「稲とお花が調和していい感じになった。玄関に飾りたい」と喜んだ。

 同園で採れた茶葉を原料にした和紅茶などを提供するコーナーも開設。来園者らは庭を眺めながら味わっていた。26日は門松作りの見学会や、江戸時代にお座敷芸として考案された「投扇興」の体験などがある。

 入園料は一般400円、高校生以下無料で、65歳以上は140円。開園は午前8時〜午後5時。問い合わせは同イベント事務局(086・207・2009)。

 

 

              

 

          12月24日の読売新聞をインターネットからご紹介させていただきました。             

 

          

 

 

 

 

 

 

  

 

 

   

 

 

 

         

 

 

 

       

 

 

       

 

    

 

   

 

 

    

recent comment

profile

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM